技術・品質について 技術・品質について

技術・品質について
TECHNOLOGY・QUALITY

鋳物

  • 1
  • 2

File No.008

技術の特徴

フレームやスライド、ギアボックスなどの機械構成部品には、鋳物が使われている箇所があります。鋳物製造企業の、いわゆる「湯」(地金を溶解した溶湯)を型に流し込む工程など、「暑い」を通り越して、本当に「熱い」現場です。鋳物製作の課題の1つに、部品内部に、「巣」「鋳巣(チュウソウ)」と呼ばれる空洞ができる現象があります。製造工程には、溶湯の流し込み方や温度管理など、鋳巣を防ぐための技術や工夫がありますが、当社では、設計段階においても、鋳物製造協力企業とも打合せを行い、「湯」の流れや固まり方にも配慮した設計をしています。